【日本郵政配当金いつ?】2017年12月6日に受け取り、9月末権利確定




追記2018年6月22日
2018年3月末「日本郵政」権利確定日分の配当金は?いつ到着?いつ届く?
日本郵政剰余金の配当金に関するお知らせを参照「株式投資」で楽しみです。
2018年6月21日(木曜日)
1株当りの配当金 32円
普通配当 25円と特別配当 7円で、トータル 32円という金額に

日本郵政の配当金そろそろって思っていましたが、いつ届く?早く受け取りたい
とうとう2017年12月7日に受け取る事ができました。

9月末の権利確定日だから
他の銘柄も配当金到着していたので
期待していました。

日本郵政の配当金って
たしか、今までで
1回くらい受け取った事があるだけ。
その時、1株当たりの配当金かなりいい感じだった記憶です。
それでは、2017年12月7日に
受け取る事ができた
日本郵政の中間配当金っていくらになったでしょうか??
配当金計算書と
第13期中間配当金領収証を確認してみます。


1株当り配当金 25円
所有株式数 100株
配当金額 2,500円
所得税額 382円
住民税額 125円
支払金額 1,993円



やっぱり、このくらいの金額
配当金もらえるんですね。

日本郵政の配当って

3月末と
9月末の
「権利確定日」という事が
分かっているんですが

毎回
しっかり配当金狙いで

日本郵政株を保有するまで
至っていない所があるんですが

今回しっかり
この金額
1株当り配当金 25円

受け取る事ができたので
次の
2018年3月末の
権利確定日を

意識していきたいですね。
2018年配当金受け取り一株当り金額をブログで紹介

株式投資では
配当金とか、株主優待魅力の一つですよね。


「権利確定日」に株を保有している事、持っている事が

その権利をもらえるって。

配当金の受け取り方法、実際には、株式投資で株を
最短、1日のみ保有しているだけで

大丈夫なんですよね。

実はその事をシンプルに、最低限を考える
株を保有しているたったの1日というのが
「権利確定日」なんですが

実際の株を持っている日というのが
権利付最終売買日(権利付最終日)になります。
配当金、株主優待を受け取りたいって銘柄の


この日のみ
権利付最終売買日(権利付最終日)
株を持っているだけ。

これだけになります。

日本郵政
配当金狙いで保有するのが
いい銘柄かも??

やっぱり「1株当り配当金」の金額って意識しているはず

株式投資している人にとっては
【配当金いつもらえる】受け取り「配当金計算書」で株式投資ブログで
posted by 配当金計算書 at 20:12長野 ☀日本郵政

【みずほフィナンシャルグループ配当金】2017年12月6日受け取り

みずほフィナンシャルグループから「配当金」を受け取りました。
2017年9月末の権利確定分になります。
12月6日に到着です。


今回のみずほフィナンシャルグループから「配当金」は
第16期中間配当金という事になるようです。

中間配当金計算書と
中間配当金領収書を確認してみます。

20171207_haito_mizuhofinansyaru.jpg


20171207_haito_mizuhofinansyaru1.jpg

1株当たりの中間配当金 3.75円
所有株式数 400株

配当金額 1,500円
源泉徴収所得税額 229円
源泉徴収住民税額 75円

支払金額 1,196円

みずほフィナンシャルグループの金額

こちら「1株当たり」配当金 3.75円
最近受け取ってきた中で
ちょっと低めな感じですね。
posted by 配当金計算書 at 05:25長野 ☁みずほ

人気記事